髪が細いとスタイリングしにくく悩みも多いと思います。
例えば男性であれば、髪の毛をスタイリング剤で立たせたりしたくなることもあると思いますが、髪が細いとこのような髪型にしたとき地肌が見えてしまってなんだか恥ずかしいから出来ないといった悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。

そんなとき、うまく地肌が見えないようにスタイリングする方法ですが、ワックスのつけ方とドライヤーの仕方を変えてみましょう。
髪が細い人にお勧めのスタイリング剤はマッド系のハードワックスです。
ジェル系のものは髪が細い人にはあまり向きませんので、やめておいたほうがよいでしょう。

ジェル系がどうしてダメかというと、ジェル系は毛束感がかなり出てしまうので、細い髪がより細くみえてしまうことがあります。
その為髪が細いと悩んでいる人には水分の少ないマッド系のワックスが合うのです。

使うときにはドライヤーで髪を乾かします。
その時ですが、根本から立ち上がるようにつむじから生えている髪の毛の流れを確かめて、流れと逆からドライヤーの風を当てましょう。そして髪を立てていくのです。
このようにすることで髪が立ち、ボリュームが出るようになります。
ドライヤーを使うときのポイントですが、温風から冷風へと変えていきましょう。
髪というのは熱が冷める瞬間に形が決まるので、根本が立ってきたなら冷風に切り替えることでかなり変わります。

そしてワックスをつけるときのポイントですが、毛先にしかつけないことです。
少量を手のひらにとり、手のひらで均一に伸ばします。そして毛先だけにつくように優しく頭全体をなでましょう。

こうすることで髪が細いと悩んでいる人も、ボリュームを持たせることが出来ます。
女性の育毛に悩んでいて、髪の量が少なくなってきたというのであれば、このようにボリュームを増やしてみてはいかがでしょうか。